mariarose1221’s blog

北海道伊達市の母子サポートサロンmariarose ☆ Aroma &Herb ROSEMARY主催

温泉🧖‍♀️♨️

 

何気に温泉三昧です♨️🧖‍♀️

確実に年ごとに行く回数増えてる 笑笑

月に数回

 

お気に入りの場所を何ヶ所か発掘し

折に触れ、行ってる😄

もちろんその他のところもあちこち行って入ってくる

旅も温泉が欠かせなくなりました

(疲れがね、全然違うのですよ)

 

 

お湯がいい

しかも温度も

そして何より空いてる!のでのんびりできる

(怒られるか…)

 

 

近場では洞爺湖 華美(はなび)

    長万部 丸金旅館

 

長万部は少しラジウムの要素が入っています。

久々にお湯に負けた感…効果抜群✨という感じです。(お湯が抜群すぎるので、どっと疲れが出てくるのです)

 

*あくまでも個人の見解で偏っておりますので、ご了承ください。

 

温泉は四元素全部そろってる宝庫です。

火・水・土・風✨

 

バランスとるのにいいんですよ!

 

心身共に溜まっている時もいいですよね!

 

特に女性は冷やすと良いことがありません。

温めてくださいね!

免疫も体温に関わりますよ!

わたしは冷えると、それだけで気持ちが落ちます!

 

 

本日のスポット✨♨️

いつも温泉好きな割に長湯できないのですが、楽しんでます。

 

久しぶりの八雲神社

あんバターサンド🧈

身体が求めている…というより

目が求めている…

 

しょうがない…

 

 

大きく動いてないから、滞った〜って思ったら

まだ1ヶ月しか経ってなかった 笑笑

いつもと違う動きをしよう

ルーティーンから離れよう

 

いつもいろんな新鮮な空気を吸おう✨

 

そして本に埋もれる幸せ✨

本を読みながら、どうやって出すかをいつも考えてる

何ができるか

インプットはアウトプットと同時

 

必要な事柄はいつも目の前にある✨

 

 

 

 

 

 

 

自分を生きる☆

自分を生きる

自分の考えで生きる

 

自分の考えを、意志をどこに持っていくかを他人に渡してはいけません

誰かの意見を参考にすることは大切です。

でもそれが正しいということではありません。

みな生きる道が違うのです。

何を自分の正しいとして生きるかはみな違うのです。

 

自分の考える力・自分のインスピレーションをおろそかにしてはいけません

自分の考えを持って生きること、それを放棄するとき

様々なところからのコントロールを受けることになります。

 

正しいとされる既存の枠はあちらこちらにあります

でも本当にそれがいいのか

これもまた「いい・悪い」ではありません

「正しい・間違っている」でもありません

 

ただわたしにとって、それは必要か

 

わたしたちはわたしを生きるためにここに来ました

 

わたしはコントロールを2回受けた経験があります。

コントロールの手法がわかっていなかったこともありますが、自分がどう感じるか・どう考えるかをおろそかにしていて、人の意見に左右されていたこと、自分の意志を人にゆだねてしまったこと、情報・枠組みをよくよく観察できなかったこともあります

 

そして私の魂の人生から見るとたぶん「コントロールを受けてみたかった。そのコントロールから抜け出す手法を学びたかった」というシンプルな事柄かもしれません。

それを通して、様々な学びが前後に展開されていたので。

 

そこに入ったからよかったではなく、抜けられたからよかった!ということです。

 

その状態から離れた時

自分自身の頭で考える・自分自身で意思決定して日々を過ごせるとはなんてすばらしいことなのだと思いました。

 

人をコントロールするというのは、その人の魂を侵すこと

その人自身をなくすことなので、命をなくすことと同じですね

 

自分の意志・選択を信じていく必要があります

自分の意思決定を他人に預けてはいけません

あの人がいうからこれでいいんだ、テレビで言っているからこれでいいんだ

ではだめなのです

 

「疑う」という必要性もあります

疑うことが悪いとは思いません

言い方が悪く感じるかもしれませんが、精査すると思えばよいのです

その人自身がコントロールしようとか思っていない場合もあります

結果的になってしまうこともあります

だからお互いに気を付けるのです。

 

社会のいろんな枠も、そんなところにあるかもしれません

 

そして「正義」を振りかざす人が一番真実から離れているというのも実感です

一番心の(視野)狭い人でした

 

自分もまだまだ未熟なので、同じことをしているようなことがあるかもしれません

 

そしてまだまだいろいろな枠が私の中に存在するのを知っています

そこを超えていくのも今年なのかもしれません

 

2023年の決意表明のようです

・・・と思いました

ここ数日の意識の中で、強烈なものが昨日出てきて、直談判してました。

 

そしたら今日ふと開いた本の中に書いてありました。

「わたしの進化を加速してほしいなら、神に向かって元気よく言ってもいいのです。

そのことに明確な意図を持ち、飛躍する覚悟をしてください。様々な象徴的な出来事が起きる時、それに対して心を開いておいてください。

神があなたにパターンを破るための道を示されているのかもしれません。加速度的な進化を依頼するときにはあえて危険を冒して論理的な自分の頭脳が耐えられず叫びだすようなことをやってみてください」

 

こう言ってください

「私は神によって導かれている。私は加速度的な進化を意図としている。私は私の魂を高めてくれるような仕事をすることを意図としている。私はあえて危険を冒してこれをやってみよう。その意味はよくわからないが、良い感じがする。やってみよう」と

 

始まりますね!

 

 

 

アフリカ☆

今この本を読んでいます

なんだか最近、いろんなことを思い出して

その時の思いが蘇ってきます

ふと思い出して、購入

 

20代の頃に

この本の徳永さんのいらっしゃるアフリカで2ヶ月ほど研修させていただきました。

エイズの患者さんのためのNPO

 

看護師になって最初の勤務場所が産婦人科と小児科の混合病棟

内科とか外科を希望していたのに、全く違う場所でした。

でも働き始めて、看護師は天職と思うほどに毎日が楽しくて。

ずっと仕事していられる。

 

でも満ち足りた中でも、何か欠けてる

生きるために仕事をしたいと思うように

 

まずは3年

3年経ったら、何か看護師としてその先を考えてみようと

3年経ったある日、新聞読んでいたら

青年海外協力隊の広告が。

これだ!って思って

受験に向けて準備することに

ちょうどその頃、病棟も移動になって外科へ

 

仕事と並行して英会話を習いに通う

青年海外協力隊の募集のための講演会と案内のところにも行って、行く気満々

着々と進んで

試験も受かり、赴任地も決まった

 

この頃『子どもは幸せでなければならない』と

それだけを思っていました

看護師一年目にして、小児科では生きることのできなかった生命とも向き合っていたので

その気持ちだけだったかな

 

だから赴任地もこどもの病院を希望して

 

あとは行くだけ

という時に

予想外の出来事があって

いけなくなりました。

 

マインドコントロールを受けたんですね。

ある意味の洗脳

恐れを植え付けられたという感じから始まって

一つの正しいとされる道しかなくて

わたしの自由意思は既になくなってしまいました。

(このことに関しては言語化すると、かなり難しいことなので、ここではお伝えできませんが)

 

 

そこから自分が解き放たれ、自分自身に戻った時、

ずっと夢だった海外での看護師の仕事ができなかった!という想いが強くて、これは恨みになる…と思って、看護師をしながら海外に行くにはどうしたら良いか、そればかりを考えてました。

 

そんな時にお世話になっていたフランス人の神父さんたちから紹介されたのが、徳永さんのところでした。

 

わたしにとっては研修ではあったけれど、リハビリに近かった気がします

頭を元に戻す!心を取り戻す!

そして

ここでお産を見たのです

日本では助産には興味がなくて

アフリカでは自分で産んでいく

そんな姿を見たんですね

『ここでは手は出さないで、腰をさすったりケアをするとお産がこじれるから』って

日本とは真逆

 

痛そうな顔をしている産婦を見ながら助産師は笑ってる

まだまだ産まれないねって

だから産婦は座ったり、歩いたり、自分でセルフケアしてる

ある意味本能を使ってるんです

 

もちろん分娩の時は介助していました。

行ったところはもちろん医療機器も日本ほどには整備されていないけれど、ベテラン助産師がいるのです

 

そんな姿を見て

自然であるっていうことは、素晴らしい

と思ったのが、助産師を目指すきっかけとなりました

 

さぞアフリカでの経験が良かったのですね

と思われるかもしれませんが

実は大変だった

いろんな日本人と関わることも大変でした

いろんなことに衝撃を受けて、自分の未熟さも突きつけられるし、何もできないし、失敗ばっかりするし

挫折した感ばかりで帰国

 

でも思い出すのは子どもたち

やせ細った子どもたちだけど、抱っこしたりして過ごすのが本当に楽しかった

子どもたちは目がキラキラで病院に来ていない子は元気いっぱい!こっちが元気もらう!

生きてるってこういうことなんだな…って思うことがたくさんあった

 

 

そして赤土

 

寝る部屋の前にはガードマンが待機して寝てくれていた(銃も所持していたかな、ナイフだけだったかな)外国人のところは狙われやすかったのです

 

そして帰国して半年準備して助産師学校へ入学

するのでした

 

 

そう、ここのところ子どもたちがキーワードでなんです

いろんな想いを確かめてる感覚です

 

…ということで、またわたしの記録

 

 

 

 

ハートからの記憶と旅☆

 

ハートはわたしの記憶の図書館になっています。

いろんな生命を生きてきていて

星々の記憶もあれば

地球での過去世での記憶

次元の違う記憶などなど

 

楽しい記憶もあれば

辛い記憶も

 

楽しい記憶は特に問題ないので、そのまま

ただ辛い記憶は罪悪感・できなかった後悔・未来への約束などとともに、時が来るまで封印されています

 

ハートを旅していると

自分の向き合う準備ができた時に、その記憶が解放されてきます。

そしてそれを見ることで、紐解かれてくるものがあります。

今はエネルギーも軽くなり、自分と向き合って解放するという必要もないくらいに、自分の感覚で解放されていくので、あえて見る必要もなくなってきています。

 

その頃はミッションと呼んでいました。

記憶を解放してから、そこで何が起こったか

何を学んだか

そこで何をしてくるのかを出してから、そこに向かう

 

そんな時もあったんですね。

 

そんな頃

南のある島へ向かいました。

2回トランジットして

記憶で見た場所を探しに

そこに滞在できるのはちょうど24時間

着いた日にレンタカーで、あちこちまわります

神社も塔もお墓も回って

時に道なき道を進みながら

いくつかのポイント

見つけた!ここだ!と思って、ホッとして

これで帰れると

(とてもいい景色なのに見ている余裕がなかったです)

 

でも寝て起きたら

なんか違う、終わってない

どうしよう、焦る

 

島全体が小さいので、ほとんど回ってる…と

レンタカーで走ったり、降りてあちこち歩いたり

朝から焦り気味で探すけど、ない

ほんとは神社にあるだろう…行けばわかると思っていたものがなかったんですね。

 

でもハートはこの島でいいと言っている

あと4時間

 

どうしようもなくて、ハートで見た記憶を頼りに

こんな場所はありませんか?

と地元の方に聞いてみるが、わからないと

 

そうしたらその地元の方が、違う方を紹介してくれる

ちょっとホッとして会う

会って(焦っていたので)すぐ聞けるかと思ったら

『あなたはなんでその場所に行きたいのか?

そこに行けばわかるのか?』

と開口一番聞かれました。

 

ハートの記憶とはいえなくて、夢で見て、その場所に行けばわかると自分のことながらハートが反応してくれるだろうと思い伝えました。

 

そうしたら、

『わかった

思い当たるところがいくつかあるから案内します』

 

その方の車に乗り換え、案内していただくことに

(飛行機時間があったので、それに合わせて順序を考えてくれていました)

神高いと呼ばれる場所

昨日回っていたところも含めて、思い当たるところへ

途中、草をかき分けつつ邪魔な枝なども切ってくれながら連れて行ってくれました。

それでも違っていて

 

もう時間もなくて

あと一ヶ所です

ちょっと遠いですと

 

 

そこに車で近づくと、ハートがすごくて

痛いし、苦しいし

絶対ここだとハートがわかる

確信

 

自分の見た記憶と細部はちょっと違うのだけど

昔と少し変わったのだろう

 

案内していただいた方とは用事があり、ここでお別れ

お別れしてから、ここで少し滞在

そうしたら

込み上げる想いがあり

その時のできなかった事柄への後悔…など

何が起きたかというくらいに涙が溢れてくる

黙っていてもただただ涙が流れる

ちょうどその時に知った方からメッセージが届いた、そこでの出来事について伝えてくれる

 

飛行機まであと1時間

あわてて飛行場に向かう

なんとかレンタカーも返し

間に合う

 

ふと気を緩めると

ずっと涙が出てる

飛行機に乗っている間ずっと

自分でも何が起きているのかわからないほど

涙が出るから、どうしようもなくて、ほおっておく

 

帰ってきてから

その島で案内してくれた方と連絡を取り合う

 

わたしと会ったことがあるという感覚だったこと

最後に案内した場所が、最初からたぶんそこだと思っていたのだけれど、時間に制限があるので最後になってしまったこと

 

飛行場まで送って行きたかったけれど、葬儀があり途中で別れるのが心残りだったこと

葬儀に間に合わないかと思ったのだけれど、ちゃんと間に合ったこと

 

などが書かれていました。

初めて会ったのに、それも仕事もあったのに、時間を割いて案内してくださって

それも声をかけた方からの紹介で教えていただいて

人も時間も場所も奇跡のような出来事が続きました。

この方には数年後もう一度お会いして

何も伝えてないのに、他の必要な場所にも連れて行ってくださいました。

 

 

この写真の行った場所は

名もないところです。

祠はあるけれど

神社でもなく

 

ただそこにいくだけで

溢れてくるものがあります。

 

 

名前もないので

もしかしたら案内もなければ

もう行けないかもしれません

 

 

そんな旅の一つの強烈な思い出でした。

旅に出ると

神に出会います

人を通して、伝えてくれます

 

 

何か気になる

行ってみたい

 

って思ったら

行ってみるといいですね

自分と出会う

自分だけにわかるサインがきっとあることでしょう。

 

 

なんとなく思い出したので、記録してみました。

 

本に埋もれる☆そして集中

本に埋もれる至福✨

 

講座とかの資料をまとめているうちに

いろんな情報を目にして

気がつくと

ポチポチッと押してる

 

講座とかは別件のことも多いのだけれど、

全部繋がっているので

欲しいと思っていたことがらが、目の前に現れてくる

 

以前その情報が欲しいと思っていても全く入ってこなかったのに、準備ができたらどんどん入ってくる嬉しさ

 

何冊もの厚い本を積み上げて

あちこちランダムに読む

 

定価以上で購入したのもあります

在庫なくて、もしかしたら絶版だったのかな

中古など駆使しながら

 

そして

いろいろ集中したい時に

無になりたい時に

刺繍キットをいただく

なんの目的もないと、やる気にならなのだが、とにかく集中するには良いらしい

気がつくと

ずっとやっているので危険

肩こり…

 

 

ちょっと昔のことを思い出す

音を聞いたり

匂いで

 

 

原点回帰のような感じかも

今やろうとしていること

なぜやろうとしたのか

その時と

今と

いろんなラインができている

 

 

本の中からも出てくる

さまざまな

多次元のわたし

 

 

感情について☆

感情について

それは宇宙が与えてくれた叡智ともいえます。

眠っているわたしを起こしていく、本当のわたしを知っていくツールとも言えます。

感情があるからこそわかることも多いのです。

 

でも

感情をハートと一緒にしてしまったり

感情の部分が本当の自分と思ってしまうと

苦しくなるだけかもしれませんね

 

そして

自分の中に黒い・闇があると思うと、さらに見たくなくなるかもしれません

 

昔、ハートが黒いって言われたことがあるんですよ。それも真っ黒って!  笑笑

黒いものが出てるとも

 

自分自身は黒い存在なんだ。黒いものを渡してはいけないからヒーリングしてはいけない

などと自己否定と自己卑下ですね

しばらくトラウマです。

 

今となっては

なんでしょう、その言い方

もっとましな伝え方はなかったのか…と思うのですが。 笑笑

 

いろんなものが溜まっている

自分自身で自己否定とかして自分を傷つけていたということもあるのですね。

 

…ということを、講座をまとめていて思い出しました。ちょっと今も、チッて思いました。

笑笑

笑い話です。

 

だから大丈夫という話です。

なぜそうなっていたかも、わかるからです。

みんな同じなのです。

 

黒いから責めるというのではなくて

その先に進めるのです。

いまだに苦手な感情があります。

でもどうしようかなぁと、見ることもできます。

そしてまだまだ進めるわ!と思うのです。

だから大丈夫👌

 

いっそ、その感情について知ってしまう

その一つの見方のお話を3月に講座します。

 

 

よろしくね!

 

 

 

3月6日(月)講座 『感情とは何か』

感情とは何か

 

感情ってなんのためにあるのか

感情を経験することに意味はあるのか

ネガティブな感情って悪いの?

そもそもなぜネガティブ・ポジティブって、分けられているの?

魂の観点から見た『感情』をみてみよう

 

この地球に、『感情』を体験するためにやってきた

 

3月6日(月)10:00~12:00

料金:5,000円

人数:対面の方は4名

Zoom参加OKです

 

 

わたしは汚いから見られたくない

わたしは黒いから

わたしには闇があるから

 

そんなものは関係ないのです

あって当たり前なものに

良いも、悪いも判断つけることはないのです

大切に抱えてきたことに関して、失礼です

その経験が全てを導きます!

 

 

この講座は感情を解放するためのものではありませんのでご了承ください。